topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 昭和殉難者法務死英霊追悼式に出席しました 』 - 2013.05.28 Tue


当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
一人でも多くの方に「戦後レジーム脱却」の重要性を訴えるため、何卒“人気ブログランキング”にクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ





過日、高野山奥の院で執り行われた『 昭和殉難者法務死英霊追悼式 』に同志達と出席してまいりました。

昭和殉難者法務死英霊追悼式 001



「昭和殉難者法務死追悼供養碑を守る会」様HPより
http://www.syowajyunnansya.jp/
**************************
終戦後、戦争犯罪人として、はかなくも散っていった悲しき英霊達。今日の日本の平和と繁栄のため、自らの魂を賭してこの世を去った彼等・昭和殉難者を思うと、哀惜の念は止むことはありません。平成6年3月15日、その魂を悼み、聖地高野山奥の院に追悼碑・刻銘碑が建立されました。戦争の悲惨な歴史が人々の記憶から風化しつつある昨今、亡き英霊達の魂の安らぎを心から祈りつつ、彼等の声に耳を傾けて頂きたい。そう切に願うものであります。
**************************

関連記事『 愛国企業をご紹介します 』も併せてご覧下さい。
http://sensapo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



「昭和殉難者法務死追悼供養碑を守る会」前会長・名誉顧問の築野政次氏が、本年一月に逝去されました。
法務死された英霊の方々、今は亡き戦友の皆様との再開を果たして安らかなる事を祈念し、謹んでお悔やみ申し上げます。
尚、今回の式にてご遺髪の一部が追悼碑に納められることとなりました。


昭和殉難者法務死英霊追悼式 002


ご遺族代表のお話によると、代表が16歳の時に戦時中憲兵だったお父様がGHQに連行されたそうです。
そして「被告は軍隊の警察官である。全軍人の責任を負う事は当然である」として死刑に処せられました。
現在90歳近くなられた代表が仰った「何年経っても許せない…アメリカが憎い」というお言葉は、政治目的で反米を掲げる人達が発するそれとは全く次元の異なるものでした。
代表は、高齢のためこれ以上は声が出しづらいとの事でハーモニカで「ふるさと」を演奏されました。
哀しげなその音色はそれでいて凛としており、まるで昭和の情景がモノクロームのように思い浮かぶようでした。



昭和殉難者法務死英霊追悼式 003



次に「昭和殉難者法務死追悼供養碑を守る会」会長の築野富美様から挨拶のお言葉がありました。

「苛烈な戦争を戦い生き抜いて、暫しの安堵に浸る間もなく戦犯として拘束され刑場に送られた皆様のご無念は如何ばかりでありましたでしょうか。
また、名誉が回復されるまでの長い間戦犯の汚名に堪え忍ぶ事を強いられたご家族の難儀は想像することなど出来ません。
自らの死が必ず日本とアジアの平和と繁栄に資することの確信があったればこそ、従容(しょうよう)として刑場に赴くことが出来たのだと思われます」

込み上げるものを堪えながら話されるそのお姿を見て、熱いものを抑えるのに必死だったのはきっと私だけではなかったはずです。



続いて、毎年この追悼式のためにご尽力なさっておられる「近畿偕行会」会長の田川康吾氏が、山下奉文陸軍大将のご遺詠を奉詠されました。

近畿偕行会HP⇒http://www.kinki-kaiko.org/

「待てしばし 勲のこしてゆきし友 あとなしたいて我もゆきなむ」
「野山わけ 集ぶる兵士十余万 かえりてなれよ国の柱と」




最後に出席者全員で「海ゆかば」を奉唱しました。

伴奏はこの追悼式のために海上自衛隊舞鶴音楽隊にて演奏・録音されたものでした。
海上自衛隊舞鶴音楽隊

海行かば水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば草生(む)す屍
大君(おおきみ)の邊(へ)にこそ死なめ顧(かへり)みはせじ




追悼式終了後に築野富美会長近畿偕行会の皆様、そして式に出席されていた久野潤先生とご一緒させていただきました。
昭和殉難者法務死英霊追悼式 004



慰霊碑の前に立つと、情けないような恥ずかしいような…こんな日本にしてしまった申し訳なさで深く深く頭を下げるばかりでした。
来年この場所に立った時に今年よりも少しくらいは胸を張れるようにならなければと感じました。
昭和殉難者法務死英霊追悼式 005










最後までご覧いただき誠に有難うございました。



一人でも多くの方に「戦後レジーム脱却」の重要性を訴えるために、“拍手”と“人気ブログランキング”をそれぞれクリック願います。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ご苦労様です

高野山でこのような追悼の集会が行われていたとは知りませんでした。
貴重な情報ありがとうございます。
山奥で車で行くにしてもなかなか大変だったと思います。
お疲れ様でした!

Re: ご苦労様です

>アクア 様
コメント有難うございます。

当該記事の『 昭和殉難者法務死英霊追悼式 』だけでなく、様々な行事が行われております。
ありがたい事に私(三神)も現在たくさんの御縁を頂戴する中でそれらのことを知りました。
一人でも多くの方に伝えていくことが当会の使命でもあると考えております。

ちなみに余談ですが、この日は何十年かぶりにひどい車酔いにおそわれました…(笑)

今後とも宜しくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sensapo.blog.fc2.com/tb.php/30-4fd0984b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『 大西ひろゆき先生にインタビュー! 』 «  | BLOG TOP |  » 『 第11回「和心會」勉強会(講師:久野潤先生)に参加 』

プロフィール

戦後レジーム脱却サポーターズ

Author:戦後レジーム脱却サポーターズ


【さらば戦後体制】
現在の日本を取り巻く諸問題の根幹とは「戦後体制」すなわち自虐史観(東京裁判史観)を下敷きとした敗戦国体制にあると考えます。当会の活動理念は
『戦後体制からの脱却』です!

会員様随時募集中!

入会資格
当会の趣旨に賛同下さる方はどなたでもご入会いただけます。
入会金・年会費等
一切無料
入会方法
下段メールフォームに
①名前欄
お名前をご記入下さい。
ハンドルネーム(仮名)でも結構です。
②メール欄
メールアドレスをご記入下さい。
フリーメールアドレスでも結構です。
(パソコンからのメールを受信できるアドレス)
③件名欄
「入会希望」とご記入下さい。
④本文欄
お住まいの地域をご記入下さい。
(都道府県のみでも結構です)
以上をご記入の上、送信願います。
(一週間以内に「会員登録完了のお知らせ」が届きます)

詳しくはURLをクリック↓ http://sensapo.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
当会からのお知らせ (6)
オススメ記事 (11)
活動 (39)
告知 (12)
ニュース・新聞記事 (2)
動画 (1)
紹介 (2)

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。